DMVは、本当に実用化していくことが出来るのか

以前、鉄道雑誌を賑わせた出来事として、ローカル線に関する活性化についての問題が色々とありましたが、この中にJR北海道が実験的に行ったもので、DMVが挙がります。これは、ローカル線について、特に乗降客が少ない路線で如何に運用コストを下げて合理化を推進するかについての問題から出て来たものですが、今回は、このDMVについて述べてみたいと思います。DMVは、駅構内では、下回りの車輪を使って駅構内に入り、乗客を乗降させ、その他の区間では一般道を走るというもので、北海道の釧網本線が試験的運行区間になりました。一般に使用されているマイクロバスを改造し、運転席前方を延長し、金属製の車輪を収めておくことや、踏切で車道から軌道敷への進入、或はその逆を行うということが可能なものになりました。こういったDMVを使用して、今迄乗客が少なかっ路線に投入し、合理化を図るのが狙いだったのですが、なかなか実現が難しいということで、頓挫してしまいました。しかし、阿佐海岸鉄道がDMVを導入するという計画を立て、2020年までに実用化するという話が飛び込んできました。私は、この第三セクターの鉄道について、以前は、JRの特急列車が岡山まで乗り入れていた(線内は普通列車として運転)路線にも拘らず、こういったDMVを使用することについては、些か寂しいものがありますが、線路のメンテナンス等を考慮すると、DMV導入は賛成出来ると思います。ただ、車両のメンテナンスや交通事故などによるダイヤ上での遅延などが気になります。鉄道の良さは定時性であり、大量輸送ですが、このDMVはマイクロバスがベースなので、定員の少なさが問題になることも有り得ます。実用化が可能であれば、鉄道業界のみならず、自動車業界もどんどん参入して更なる次世代の乗合車両の開発が可能と思いますが、それは、このDMVの成功にかかっていると思います。