車を買い替えるならいつ頃か良いのか

もう何年も同じ車を使っていて、そろそろ買い替えたいと思う人もいるのではありませんか。それにしてもどの時期に車を買い替える人が多いのでしょう。おそらく大概の人は、夏か冬に車を買い替えに行くのではないでしょうか。

なぜなら夏と冬は会社からボーナスが出る時期であるので、ほとんどの家庭では普段よりもお金に余裕が出ます。ですから「車も古くなってきたし、ちょうどボーナスも出たから、車を買い替えよう」と考える家庭も少なくないでしょう。特にボーナスを多くもらった人であればあるほど、車を買い替えようとします。

つまり裏を返せば、車販売店からしても「夏と冬は車の売り上げが伸びる」と認識している可能性が高いです。もしかすると車販売店の方々は、夏や冬は特に忙しいかもしれませんね。ですがそれゆえに、車を買い替えようとする人は、買いたい車について車販売店からきちんと話をしてもらえない恐れがあります。もちろん車販売店の方だって、お客さんからの相談に対して、しっかり答えたいと思うでしょう。けれど夏や冬は、何人ものお客さんに対応しなければなりません。ですから車販売店の方も、一人のお客さんに対してじっくり時間をかけられないと考えられます。

ですから車を買い替えるなら、春や秋が良いと言えましょう。夏や秋よりもお客さんが少ないでしょうから、車販売店の方とも、きちんと話ができる可能性が高いです。車は高額な買い物ですので、車販売店の方とゆっくり話をできる時間をとる必要があります。自分の希望と違った車を買ってしまった場合、後悔してもしきれないでしょうからね。夏や冬にボーナスが出たからと言っても焦らず、春や秋になるのを待ってから、車販売店に行くのが良いと言えるでしょう。

車を運転するならロードサービスも忘れずに

車の運転は楽しいものですが、マシントラブルによって動けなくなるケースがよくあります。普段から整備点検をしっかり行っていても、道路に落ちていた釘を踏み抜いた等の理由で、自走できなくなってしまうのです。予めロードサービスに加入しておけば、最も多いトラブルであるタイヤのパンク、バッテリー上がりについても、すぐに経験豊富なプロに修理してもらえます。完全に壊れてしまった場合にも、車をそのまま最寄りの自動車修理工場まで運んでもらえるから、他の車両で牽引する手間を省けます。

主な利用方法は、ロードサービスの団体への加入か、クレジットカード等に付帯しているロードサービスの利用のどちらかです。前者はサービスを提供している団体へ参加する形で、毎月決められた会費を支払う代わりに、いざという時に電話一本で最寄りの拠点から駆けつけてくれます。いっぽう、後者の付帯されているサービスとしての利用でも、ロードサービスの団体か、加盟している自動車修理工場から助けてもらえます。こちらでは、会費を別途支払う必要がないのが大きなメリットで、サービス内容としても遠距離のドライブをしない方にとっては必要十分です。

ロードサービスを専門としている団体では、様々な場面で支援を受けられます。カーライフそのものを支援するのが目的だから、会員限定での一般施設の割引や、車についての悩みを解決できるコールセンターの利用といった、幅広いサービスを提供しているのが特長です。車で色々な場所に行くのならば、手厚いサービスがあるロードサービスの団体が便利となっています。